北海道の郷土料理を味わおう!

やはり豊富な海鮮系料理

北海道の魚は寒い海水の中を生き抜くため沢山の脂肪を蓄えているほか、身がしまっているため、気のせいではなく本当に、水揚げされる魚介類は日本一の美味しさであると言われています。そんな事情もあり、北海道の郷土料理には海水魚が関連する料理が中心です。まず有名なのが現地で獲れる鮭をふんだんに使用した「石狩鍋」です。また鮭やホッケなどの魚肉と共に野菜や味噌を加えて作る蒸し料理「チャンチャン焼き」や、函館の数の子関連郷土料理「松前漬け」あたりも有名です。その他、料理としては一般的な料理ですが、日本一寿司が美味しいと言われる小樽にて食べられる新鮮な魚介類を使った寿司やうに丼あたりも絶品です。ちなみに、現地在住の人達の間でも全く飽きられることなく愛されており、小樽から上京した人の多くが自ら寿司やウニの美味さを語るほどのレベルです。

海鮮料理以外の有名料理

北海道には海鮮料理以外でも色々な有名な郷土料理があります。そして、まずその代表格がジンギスカン料理で、全国各地にて「ジンギスカン料理=北海道」というイメージが定着しています。次に札幌にはいくつかの郷土料理(名物グルメ)があり、その中では特にスープカレーと札幌ラーメンが人気で、札幌の人々と観光客の間で大人気となっています。札幌以外の都市では、釧路の郷土料理である「ザンギ」という鶏肉の揚げ物や、東部地域の飲食店で食べられる美味しい豚丼あたりも有名です。その他、北海道と言えば野菜や果物が美味しい地ですので、とてもシンプルですが、北海道の名産品である美味しいジャガイモにバターをつけて食べるじゃがバターも北海道系グルメとして全国的に有名です。

ニセコツアーは多くの人から人気を集めており、繁忙期には早い段階で定員に達してしまう場合もあるため、できるだけ早めの予約を心掛けることがポイントです。